コーチになる

HOME  >  コーチになる  >  ICCコース  >  プログラム

プログラム

日回 タイトル 内容 ICCベーシック ICC
1回目
(1日目)
#1 オリエンテーション 本プログラム(ICCプログラム)全体のオリエンテーションである。このクラスでは、ICCプロブラムの構造とカリキュラム、クラスの開催方法と受講要領、利用可能な学習支援ツール、必要なことを概観する。取得可能な資格とその認定制度についても把握する。
#2 コーチングとはⅠ コーチングとは何かについて概観する内容の導入部分である。コーチとコーチングの歴史、およびコーチングの哲学を理解することを目的とする。「コーチ」という言葉の語源から、今日のコーチングの定義やコーチの社会的位置づけまで、「コーチ」と「コーチング」をめぐる歴史を概観する。
#3 コーチングとはⅡ コーチングとは何かについて概観する内容の中盤部分である。今日コーチングが注目される背景、コーチングと他のコミュニケーションスキルとの違い、さらに国際コーチ連盟(ICF)が定めるコーチの倫理規定とコンピテンシーについて理解することを目的とする。
#1 コーチングとはⅢ コーチングとは何かについて概観する内容の後半部分である。ゴールセッティング(目標設定)の流れを概観しながら、コーチングとはどのようなものか体感することを目的とする。自分自身の棚卸しをしつつ、「ゴールリスト」(目標リスト)を作成する。
1回目
(2日目)
#5 コーチングスキルⅠ コーチングの基本スキルである「聞く」ことを学ぶ。コーチングにおける「聞く」ことの大切さを知り、相手が話しやすくなるための「聞き方」のポイントを知る。「聞く」ことがもたらす効果について学ぶ。アクティブ・リスニングによる効果的なコミュニケーションとは何かを知り、実践で使うことができるようになる。
#6 コーチングスキルⅡ コーチングの基本スキルである「ラ・ポール」について学ぶ。クライアントとの関係を築く上で、「ラ・ポール」が重要であることを知り、実際にラ・ポールを築けることを目的とする。ワークを通して、「ペーシング」や「セットアップ」の重要性を体感する。
#7 コーチングスキルⅢ コーチングの基本スキルである「承認」と効果的な「質問」について学ぶ。「承認」については、その概念とそれがもたらす効果、その種類と伝え方、また、「質問」については、コーチングの「質問」とは何か、その目的や効果、種類と使い方を学ぶ。
#8 コーチングスキルⅣ コーチングの基本スキル「聞く」「ラ・ポール」「承認」「質問」を理解して使えるようになる上で欠かせない「キーワードを聞き取る」ことについて学ぶ。コーチはクライアントの本心を引き出すきっかけとなるキーワードを拾う感覚を磨き、クライアントに気づきを促したり、クライアントと率直なコミュニケーションをとったりする力を養うことができる。
2回目 #9 コーチングの構造 コーチングの構造について学ぶ。コーチングには構造(①目標の設定、②現状の明確化、③ギャップの明確化、④ギャップを埋める行動計画と行動)があることを理解し、それに沿ってセッションを進められることを目的とする。
#10 目標達成型コーチング 目標を設定し、それを小さい単位に分けて達成する「目標達成型」のコーチングについて学ぶ。コーチングには、「目標達成型」と「課題解決型」の2種類があるという前提に立ち、このクラスでは、前者のコーチングの特徴とやり方を、受講者同士のコーチングエクササイズと講師によるコーチングのデモセッションによって把握する。
#11 課題解決型コーチング 「課題解決型」のコーチングについて学ぶ。コーチングには、「目標達成型」と「課題解決型」の2種類のコーチングがあるという前提のもと、このクラスでは、後者のコーチングの特徴とやり方を、受講者同士のコーチングエクササイズと講師によるコーチングのデモセッションによって把握する。
3回目 #12 真のゴール設定 クライアントの本当に望む真のゴールを見つけ、それをテーマにするために必要なものを学ぶ。真のゴールを見極めるために有効な質問とはどんなものか、ゴールを再設定するにはどんな手順を踏むのかを、理解する。
#13 コーチングスキルⅤ 「ビジュアライゼーション」を行えることを目的として、「フューチャーペーシング」と「モデリング」のスキルについて学ぶ。人が、目標に対して最もやる気が高まるのは、その目標を達成したときのイメージがクリアに描けたときである。そのイメージをクリアにするために、受講者同士のコーチングエクササイズと講師によるコーチングのデモセッションを通して体験する。
#14 コーチングスキルⅥ 「ビジュアライゼーション」を行えることを目的として、「ディソシエート」と「アソシエート」のスキルを学ぶ。自分自身の内面に入り込み感情や感覚を味わう「アソシエート」は、目標地点をビジュアライズし、モチベーションを高める上で有効である。また、自分自身を外から客観的に眺める「ディソシエート」の視点を持つことは、現状を直視したり、ゴールと現状とのギャップを把握したりする上で有効である。
#15 コーチングスキルⅦ 「ビジュアライゼーション」を行えることを目的として、「リソースの活用」と「間接法」を学ぶ。クライアントの持つリソースを引き出すことは、クライアントがゴールに向けての行動を選択する上で有効である。また、映画のスクリーンやカンバスなどの媒体を想定して、そこに映像を描いてみる「間接法」が、ビジュアライゼーションの苦手な人にも用いやすい方法であることを学ぶ。
#16 総合エクササイズⅠ 主にクラス#12〜15で学んだことを活かしながら、コーチングのセッションをスムーズに行えることを目的として、コーチングエクササイズを行う。受講者がペアとなってコーチ・クライアントになり、「仮のゴールを真のゴールに置き換え、テーマを再設定する→ゴールイメージをビジュアライズする→学んだスキルを活用して成功のイメージを膨らます」を行う。
4回目 #17 コーチングケーススタディ これまでに学んだことと実践したことをメタの視点から振り返りながら、学びの理解と定着を深めることを目的とする。特に基本となる知識とスキルを学ぶ段階の、最終日冒頭にあたる。
#18 コーチングスキルⅧ 「フィードバック」について学ぶ。フィードバックとは、クライアントの目指すゴールと照らして現状がどのくらいずれているか、ということをクライアントに伝えるスキルであり、クライアントの気づきを促す言葉の用い方や、率直なコミュニケーションとは何かを知り、それを意識的に使うことができるようになる。
#19 コーチングスキルⅨ X−Y軸を使うスキルについて学ぶ。「他には?」と聞いて水平(X軸)方向に展開をはかることや、その場から垂直(Y軸)方向に話を深めていく方法が有効であることを学び、コーチングエクササイズを通してその使い方を練習する。
#20 社内コーチⅠ 社内コーチとしてコーチングを行えることを目的とする内容の前半で、社内コーチに必要な知識を学ぶ。ビデオを使ってケーススタディを行いながら、グループディスカッションを通して社内コーチの役割や、社内コーチングでの留意点を理解する。
#21 社内コーチⅡ 社内コーチとしてコーチングを行えることを目的とする内容の後半で、コーチングエクササイズによる実践を行う。クラス#20で学んだことと、ここまでに学んだことを総合し、ビジョンコーチングを行えるよう上司と部下になってコーチングエクササイズを行う。
5回目
(1日目)
#22 自己基盤を強化するⅠ コーチングの土台となる「自己基盤」についての基本的な知識と、その強化法を学ぶ。自己基盤が強固な状態とはどんな状態か、その状態が実現されているとなぜいいのか、そしてコーチ自身が自己基盤を強固にする必要性について理解する。  
#23 戦略 様々なケースに合わせたコーチングの戦略立案を学ぶ。様々なクライアントの事例をもとに、どのようなコーチングを行えばいいか、3人のグループで話し合いながら、戦略を立てる。効果的なコーチングプランを創り出し、その行動をデザインする練習を行うことができる。  
5回目
(2日目)
#24 コーチングの準備Ⅰ 実際にクライアントに対して一連のコーチングセッションを行うことを目的として、オリエンテーションからコーチングについての同意を取り交わすまでを実践的に学ぶ内容の前半部分である。オリエンテーションの役割や意図、オリエンテーションで行うこと、アンコーチャブルなケースについて学ぶ。  
#25 コーチングの準備Ⅱ 実際にクライアントに対して一連のコーチングセッションを行うことを目的として、オリエンテーションからコーチングについての同意を取り交わすまでを実践的に学ぶ内容の後半部分である。講師によるオリエンテーションのデモンストレーションを見る。その後、ペアでロールプレイを行う。  
#26 コーチ業の開始Ⅰ 実際にプロのコーチとして仕事を開始するにあたって必要な事項を実践的に学ぶ。プロコーチとはどういうものかを理解し、さらに自分自身のUSP(Unique Selling Proposition)を探し、自分自身のブランディングを考える。  
#27 コーチ業の開始Ⅱ 実際にクライアントを獲得できるよう、自分自身のコーチングをクライアントに説明したりプレゼンテーションすることを学ぶ。メンターコーチングにおいて自分自身がクライアントとして体験したことをもとに、コーチングの利点や特徴、価値などについて考えをまとめ、クライアントに伝える練習をする。  
6回目 #28 総合エクササイズⅡ 受講者の行うコーチングのモニタリングにあたる。このクラスでは、受講者同士がペアとなり、これまでの学びを総合的に活かしながら、一人30〜40分のコーチングセッションを行う。それに対し、他の受講者と講師がオブザーバーとなり、フィードバックを行う。  
7回目
(1日目)
#29 自己基盤を強化するⅡ 自己基盤強化を目的として、そのために必須の「妥協を止める」、「未完了を完了する」ことを学ぶ。自分が抱えている「妥協」を知り、それと向き合うとともに、事例をもとに「未完了を完了させる」意味についても考える。  
#30 自己基盤を強化するⅢ 自己基盤の強化を目的として、そのために必須の「欲求」(ニード)と「価値」という概念を知り、それらをコーチングの中で取り扱うことを学ぶ。自分を動かすエネルギーとして、「欲求」が存在していること、また、「価値」とはその人が本質的に求める不変のものであることを学ぶ。  
#31 社内コーチⅢ 受講者がこれまでに学んだコーチングのスキルや知識を総合的に活かして、社内コーチングの力を磨くことを目的として、実践練習を行う。社内で必要とされる力を養うためにどうするか、目標達成型・課題解決型それぞれのケースを例にして学び、それぞれのコーチングフローや留意点を確認する。  
7回目
(2日目)
#32 事例研究 実際にコーチングを行ってみて出て来た事例をもとに学びを深める。疑問点や課題を整理して、学びを補強し、様々なケースのコーチングに対応できる力を養うことを目的とする。  
#33 総合エクササイズⅢ #28と同様、受講者のコーチングのモニタリングにあたる。様々なケース、テーマ、クライアントに合わせてコーチングができるよう、受講者はペアとなり、これまでに学んだことを総合的に自由に使ってコーチングエクササイズを行う。  
メンター #34 メンターコーチング 受講者がクライアント、講師がコーチとなって行う電話を使ったパーソナルコーチングセッションである。2時間のオリエンテーションの後、1回30分のセッションを1週間に一度のペースで、全部で8回、合計4時間分、行う。  
フォロー #35 フォローアップ 各集中講座の間(#8,#11,#16,#21,#27,#28の後)に行われる、電話を使ったグループセッションクラスである。集中講座で学んだ内容について、受講者が消化しきれなかった疑問点や課題を上げ、グループコーチング形式で取り組む。
4回

6回
レポート #36 レポート 集中講座ごとにコーチングを実践するための宿題が出される。
10個

16個

代表的なコーチングスキル

代表的なコーチングスキル

「目標実現に向けた双方向のコミュニケーション」がコーチングです。
そのコーチングの中で、クライアントの計画や行動がより明確になったり、モチベーションが上がる技術こそが「コーチングスキル」です。

コーチングスキルは100種類以上あると言われ、クライアントのタイプや状況、目標(ゴール)に応じて効果的に使い分けます。

聞く、アクノレッジメント、質問、フィードバック、提案、X-Y軸で展開する、自己基盤を強化する、鏡になる、愛、シンプルにする、返す、優先順位をつける、戦略、ニュートラルに話す、クライアントに妥協しない、エネルギーを合わせる、ラジオミステリーを聞く、つかむ、支持する、メタファー、リフレーミング、ホックから外す、レーザーを当てる、アクションプランを創る、ゴールを視覚化する、叱る、問題に気づかせる、ゴールを2倍にする、ビジュアライズ、アンカリング … など

コーチングの構造

コーチングには2つのフローがあることを理解します。
クライアントの目標・テーマに合わせてコーチングができるようになります。

目標達成型コーチング(何らかの目標を達成する)

・売上目標の達成 ・マネジメントスキルの向上 ・資格取得

課題解決型コーチング(現状ある何らかの問題を解決する)

・部下への注意改善を促す ・人間関係の改善

社内コーチ

社内コーチの役割やコーチングフローを学びます。

ビデオ学習例

・営業所長(コーチ)が新任課長をコーチングする ・キャリアアップのためのビジョンコーチング

ケーススタディ例

・能力は高いが、最近やる気が低下している部下

人が行動を起こすとき(ビジュアライズ)
動機付け要因(Motivator)~満足を与える要因~
達成 承認 仕事のやりがい 責任 昇進 成長

コーチングで取り扱う「長期的・継続的な目標」に対して、
最もモチベーションの高まる要因は達成イメージ・成功イメージである

総合ロールプレイ

ICCコースはロールプレイを中心とした学習スタイルです(約7割)。
集中講座 6・7回目には様々なロールプレイを実践し、講師(コーチ)や受講生からフィードバックをもらいます。

説明会/見学会はこちら

お申込み/お問合わせはこちら

お問合わせ、資料請求、各種ご相談は TEL:092-762-5859 プロコーチ派遣・養成 アニメートエンタープライズ

  • メールでの各種受付、ご相談はこちら
  • 弊社会社概要、アクセス方法はこちら